Acheter 観光、ハイキング、シティーパス等

ガロンヌ川やその周辺で楽しめるおすすめのアクティビティ

文化的、科学的な体験だけでなくここでしかできない体験やスポーツ、家族で楽しめるアクティビティがガロンヌ川とその周りにはたくさんあります。ここでは、そういったアクティビティをいくつか紹介しています。

ボルドーを違った視点から見ることができるカヌーとカヤック

ボルドーの右岸、ダーウイン(Darwin)の目の前にあるシャンティエ・ドゥ・ラ・ガロンヌ(Chantier de la Garonne)内には、スタンドアップパドルボートやセーリング、サーフィン、ピローグ等といった水上スポーツを行っている人で構成されている「レ・マラン・ドゥ・ラ・リュンヌ(Les Marins de la Lune)」というウォータースポーツクラブがあります。このクラブでは、4月から夏期の終わりまでガロンヌ川でのカヌー・カヤック(対象年齢6歳以上)が楽しめます。約1時間30分かけてボルドー市内を一周できるコースや約2時間30分かけてベグル港(Port Bègles)とシャンティエ・ドゥ・ラ・ガロンヌ間を下るコースをプロの方と一緒に体験することができます。「レ・マラン・ドゥ・ラ・リュンヌ」の代表取締役社長クリストフ・モラ(Christophe Mora)は次のように述べています。
「左岸ではボルドーの古い町並みが見え、右岸ではボルドーのありのままの姿を見ることができます。ガロンヌ川沿いはとても綺麗です。私たちは人々に汚染についての関心を高めてもらえるよう努めています。クラブがある建物内にはレストラン・クラブハウスがあるので、水上散歩の後にそこで飲み物を堪能したりしています」

Canoë sur la Garonne
©Pierre Planchenault

Les Marins de la Lune :

環境について全て知ることができる「テール・エ・オセアン」

ベグルにある「テール・エ・オセアン(Terre et Océan)」では、様々な事柄が学べる文化的で教育的なアクティビティを幼稚園児から大人まで体験することができます。ここでは、水の色と水質についての観察・測定だけでなく、水生生物、両生動物の生活習慣、ガロンヌ川沿いに関する歴史等について学べる科学的な体験型講座に参加できます。アクティビティの中には、半日もしくは一日かかるものもあります。また、「テール・エ・オセアン」では、「ボルドーとその河川、ガロンヌ川と河口、地域圏の構成、水質、島、エコシステム等のテーマを解説付きで学べる文化的ツアーも行われています。

Terre et Océan: 

  • 住所:1 rue Louis Blériot, 33130 Bègles 
  • アクセス: 11 番のバスに乗り「Rives d’Arcin」で降ります。
  • 公式サイト:terreetocean.fr

 

欠かせないイベント

ボルドーとその住民に愛されているガロンヌ川では、天気が良い日に定期的にイベントが開催されています。「ボルドー川祭り(Bordeaux fête le fleuve)」と交互に6月に開催される「ボルドー・ワイン祭り(Bordeaux fête le vin)」や6月中旬に開催され、毎年何百人もの人がスポーツ記録を更新するために浅橋のポントン・ドヌール(Ponton d’Honneur)から出発し、ガロンヌ川を泳ぐ「ボルドー横断水泳大会(Traversée de Bordeaux à la nage)」等があります。また、ランニングや7月と8月に開催されるダンスイベント「川岸で踊ろう(Dansons sur les Quais)」、水辺の散歩、ボルドーに数多くあるギャンゲットで音楽を聴きながらの休息等、様々な方法でガロンヌ川を毎日満喫することができます。

Bordeaux Fête le Vin
©Jean Bernard Nadeau

 

ボルドーでのクルーズ

ボルドーには、「ボルドー・リヴァー・クルーズ(Bordeaux River Cruise)」や「ブルディガラ・クルーズ(Croisières Burdigala)、「ロワイヤル・クルーズ(Croisières Royal)」、「マルコ・ポーロ・クルーズ(Croisières Marco Polo)」、「ヨット・ドゥ・ボルドー(Yacht de Bordeaux)」、「ボルドー・ビ・ボート(Bordeaux Be Boat)」、「ボルドー・シュール・ロー(Bordeaux sur l’eau)」等といったガロンヌ川とジロンド河口のクルーズを提供している企業が多数存在します。「月の港」での朝・夜のクルーズだけでなく、ボルドーから乗船して様々な場所へと行くこともできます。点灯100年以上の灯台があるパティラ島(île de Patiras)や、ワイン醸造で有名なマルゴー島(île Margaux)とヌーヴェル島(île Nouvelle)、カディヤック(Cadillac)、ブール=シュール=ジロンド(Bourg-sur-Gironde)、ユネスコの世界遺産に登録されているヴォーバンの要塞施設(Citadelle de Vauban)があるブライ(Blaye)等の目的地までクルーズを行っています。また、ロルモン(Lormont)にある「アラワク・ヴィユ・グレーマン(Arawak Vieux Gréement)」は、一週間の河口の旅と1954年もののトールシップの操縦が体験できるクルーズを提供しています。

Croisière fluviale
©David Remazeilles

 

 

また、見られるように