Acheter 観光、ハイキング、シティーパス等
David Remazeilles
© David Remazeilles

ジロンド河口を巡る旅

広さ635km2、長さ75km、幅12kmもの広さがあるジロンド河口は、ヨーロッパ最大の河口です。海上貿易において様々な歴史を持つこの有名な河口沿いには、灯台や要塞、ブライ城砦(Citadelle de Blaye)があり、当時の面影を垣間見ることができます。また、河口にある湿地や島からは、ヤツメウナギ、野生のチョウザメ、セリ科の植物ウナント・ドゥ・フコー(Œnanthe de Foucaud)等のここでしか見ることのできない動物や珍しい植物にも出会うことができます。
河口から見える絶景は必見です。

 

ボルドーから河口までのアクセス

ボルドー市内から河口までの移動手段は4つあります。

  • リヴァー・クルーズ(Rivercruise)、ブルディガラ(Burdigala)、マルコ・ポーロ(Marcopolo)といったクルーズ会社の船に乗る。
  • バスの201番もしくは202番に乗車する。
  • ボルドーから車で2時間。ヴェルドン=シュル=メール(Verdon-sur-Mer)からロアイヤン(Royan)までのフェリーを利用すると便利。
  • カナル・デ・ドゥー・メール(Canal des 2 mers)と呼ばれるサイクリングロードを自転車で走行すると150kmでロアイヤンに到着。サイクリングロードの途中にあるラマルク(Lamarque)で無料のフェリーに乗ってブライまでガロンヌ川を渡る必要があるので注意。

ジロンド河口周辺の観光スポット

ヴォーバンの要塞群

右岸にあるブライの砦、パテ島にあるパテ砦(Fort Pâté)、左岸にあるメドック砦(Fort Médoc)といった「河口の閂(Verrou de l’Estuaire)」と呼ばれるヴォーバン(Vauban)の要塞群を見ることができます。

河口にある、長さ6,3kmのポイヤック(Pauillac)とブライの間にあるヌーヴェル島(île Nouvelle)、長さ4,5kmのポイヤックの目の前にあるパティラ島(île de Patiras)、25ヘクタールのマルゴー(Margaux)の目の前にあるマルゴー島(île Margaux)、この3つの島を観光することができます。

David Remazeilles - Ile de Patiras
© David Remazeilles 

灯台

河口には10もの灯台があり、そのうちの6基を訪れることができます。高さ68mで311段ある最も有名なコルドゥアン灯台(Phare de Cordouan)や高さ31mで100段あるパティラ灯台(Phare de Patiras)、高さ58mで300段あるラ・クーブル灯台(Phare de la Coubre)、高さ29mで144段あるサン・ジョルジュ・ドゥ・ディドンヌ灯台(Phare de Saint-Georges-de-Didonne)、高さ18mで63段あるリチャード灯台(Phare de Richard)、高さ28mで107段あるグラーヴ灯台(Phare de Grave)に行くことが可能です。

四手網

河口のシンボルでもある四手網を見ることができます。この高さのある4本の柱の上に設置された小屋と巨大な四角形の袋状の網がある四手網から、如何にこの地域の漁が重要だったかが分かります。ジロンド河口沿いには600もの四手網があり、ジョー=ディニャック=エ=ロワラック(Jau-Dignac-et-Loirac)ではそのうちの一つを見学することができます。また、ヴィトルゼ(Vitrezay)では四手網を借りて海老釣りを楽しむこともできます。

David Remazeilles - Carrelet
© David Remazeilles 

ヴィトルゼの自然保護公園

このエシャペ・ナチュール(Échappées Nature)と呼ばれる自然保護公園では、この地域に生息する動物や珍しい植物、歴史、伝統等の河口沿いに関する事柄を学ぶことができます。公園内には、小道、四手網、池、展示室、レストラン、遊具、監視塔等もあります。また、家族向けのイベントも数多く行われています。

崖と穴居人による洞窟

ブール(Bourg)とロアイヤンの間にある河口沿いには、石灰質の美しい崖があります。この崖の一部は、ガロ・ロマン時代に穴居人によって掘られ、住居として使用されていました。ゴリアック(Gauriac)にはおよそ30もの地下住居があり、現在もそこで生活している人もいます。メシェ=シュル=ジロンド(Merschers-sur-Gironde)では、レギュルス(Régulus)とマタタ(Matata)の洞窟を見学することができます。また、マタタの洞窟はホテルやクレープ屋としても使われています。
 

Carrelets
© Gironde Tourisme
Île de Patiras
© Gironde Tourisme
Phare
© Gironde Tourisme

河口周辺のお食事スポット

港での食事

  • 地元の食材を使った料理が食べられるレストランが河口にあるヨットハーバーにたくさんあります。ヴァレイラック(Valeyrac)にあるグーレ港(Port de Goulée)やサン=ヴィヴィアン=ドゥ=メドック港(Saint-Vivien-de-Médoc )、ヴェルドン=シュル=メール(Verdon-sur-Mer)にある嘗て港として使用されていたヴィユ・ポール(Vieux Port)、タレ港(Port de Talais)等があります

美食が味わえるレストラン

  • 左岸にあるサン=クリストリ(Saint Christoly)に位置する「メゾン・デュ・ドゥーアニエ(Maison du Douanier)」では、洗練された料理と河口沿いにあるテラス席で食事を楽しむことができます。
  • 右岸にあるタルモン=シュル=ジロンド(Talmont-sur-Gironde)に位置するレストラン・ホテル「レステュエール(L’Estuaire)」では、河口を眺めながらリーズナブルな値段で地元の伝統料理から着想を得た料理を堪能することができます。

 

また、見られるように