Acheter 観光、ハイキング、シティーパス等

22時過ぎでも利用できるボルドーのレストラン

夜、映画やアペリティフ(食前酒)を楽しんでいる内に時間が22時を過ぎてしまった方に必見!ここでは、ご家族やご友人、カップルもしくはお一人でのお食事を深夜まで堪能できるボルドーのレストランを紹介しています。

 

お祭り気分が味わえるレストラン:A Cantina – Comptoir Corse

ア・カンティナ・コントワール・コルスの1階にあるタパスを堪能できるカウンターでは、ブルスケッタやピキーリョ(赤ピーマン)の仔羊の肉詰め、仔牛肉とトム・コルス(Tomme Corse)と呼ばれるチーズを使ったミニサイズのハンバーガー、ブロッチュチーズ(Brocciu)を使用したカネロニ(円筒形のパスタ)等といった一口サイズの料理を味わうことができます。その他には、蜂蜜とマヨネーズを混ぜ合わせたソースが添えられたフライドチキン、フライドポテトにチーズがかかった「ポミ・フリッティ(Pommi friti)」、レストランで人気の生ハムの盛り合わせ(ロンズ、コッパ、ノーチェ、プリズッテュ、ソシソン)等も堪能できます。ベジタリアンの方には、ズッキーニとミントを使った揚げ物やミントとトマトソース、生バジルを使用したブロッチュチーズのカネロニ等の料理があります。また、有名なコルシカ島のクラマンティーヌ(ミカンの一種)のコンフィ(砂糖漬け)が食べられる栗粉を使った家庭的で素朴なケーキにヘーゼルナッツが添えられたデザートもおすすめです。

2階席を電話予約していただくと、このレストランでゆったりと過ごすことができます。

  • 14 Rue des Bahutiers
  • 毎週火曜日から日曜日の18時30分から朝の2時まで営業しています。
  • + 33 7 87 04 28 97
  • acantina-comptoircorse.fr

 

地域の農産物が味わえるブラスリー:La Brasserie Bordelaise

ラ・ブラスリー・ボルドゥレーズは、レトロとモダンの両方が楽しめる温かい雰囲気のレストランです。ここでは、新鮮な食材を使用した食欲をそそる料理を堪能することができます。また、ビジネスマンや友人同士、家族連れ、カップル等、様々な方に地域の農産物を楽しんでいただけるボルドーで人気のブラスリーでもあります。ブラスリーでは、お通し(無料)として美味しいパンとテリーヌ・ドゥ・カンパーニュ(田舎風パテ)の「ルー・ガスクーン(Lou Gascoun)」を提供しています。メニューには、シャラント=マリティム(Charente Maritime)とカップ・フェレ(Cap Ferret)でとれた牡蠣やビガノ(Biganos)にある「レステュルジェオニエール(L’Esturgeonnière)」のキャビア、フォアグラでできたグラトン・ボルドゥレ(Gratton Bordelais)、生ハムのジャンボン・ドゥ・ポール・ノワール・ドゥ・ビゴール(Jambon de Porc Noir de Bigorre)、ランド(Landes)産の鶏肉を使ったローストチキン、鴨肉をまるまる使用したマグレ・ドゥ・カナール、サン=テミリオン(Saint-Emilion)のワインで煮込んだランプロワ・ア・ラ・ボルドゥレーズ(Lamproie à la Bordelaise)等があります。ラストオーダーは、23時30分までとなっています。(予約必須)

  • 50 Rue Saint-Rémi
  • 毎日、昼の12時から15時までと19時から深夜0時まで営業しています。
  • +33 5 57 87 11 91
  • brasserie-bordelaise.fr

 

最も有名なビストロ:Le Cochon Volant

嘗てカピュ(Capus)の肉屋として営業していた「空飛ぶ豚」という名のル・コション・ヴォランが人々に知られている理由は、長い間、夜間働いている人やパーティー好きな人が朝4時にこの場所でアントルコート(リブロース)とフライドポテトを食べたり、トリカンディーユ(Tricandilles)と呼ばれる牛の胃を使った料理を食べたりしていたからです。今は昔よりもお店を早く閉めますが、昔と変わらず素朴で穏やかな雰囲気のビストロです。赤と白の色をしたスレートの外壁があるこのビストロでは、カタツムリを使用した伝統的な家庭料理のエスカルゴ・ア・ラ・ボルドゥレーズ(Escargot à la Bordelaise)やシタビラメ、リ・ドゥ・ヴォー(仔牛の胸腺)、仔羊の膝肉、豚足、コット・ドゥ・ブッフ(牛の背肉)、鰻を使ったアンギーユ・ア・ラ・ボルドゥレーズ(Anguille à la Bordelaise)、鴨肉のグラトン、テット・ドゥ・ヴォー(仔牛の頭)、牡蠣とソーセージ等が食べられます。

En savoir plus

  • 22, place des Capucins
  • 毎週月曜日から金曜日は20時から朝の2時まで、土曜日と日曜日は昼の12時から朝の2時まで(ラストオーダーは朝1時まで)営業しています。
  • お電話でのご予約: +33 5 57 59 10 00.

 

最も遅くまで利用できるレストラン:Chez Ludo

シェ・リュドは「Le Cochon Volant」から50m離れた場所に位置し、朝の4時まで営業していますが、ごく稀に4時よりも早い時間にお店を閉める場合もあるため、事前に電話予約するのがおすすめです。ここでは、シンプルながらも味わい深い新鮮な料理を堪能することができます。牛肉を使った料理やタルタルステーキ、アントルコート・ロワイヤルとフォアグラの料理(25ユーロ)等の夜限定で食べられる料理があります。また、美味しいカマンベールチーズのローストと自家製のフライドポテトが食べられるベジタリアンの方向けの料理も提供しています。デザートでは、クラフティ(果物入りのカスタードプディング)や苺のタルト、ティラミス等を味わうことができます。

  • 27, rue Emile Laparra
  • 毎週火曜日から土曜日の22時から朝の4時まで営業しています。
  • お電話でのご予約: + 33 9 81 49 36 47

 

立ったまま急いで食事がとれる、Le Fournil des Capucins

夜間お腹が空いた方におすすめのル・フルニール・デ・カプサンと呼ばれるベーカリーは、カプサン市場(Marché des Capucins)とマルヌ広場(Cours de la Marne)の交差点にあります。ここでは、タルト・サレ(塩で味付けしたタルト)やサンドイッチ、パニーニ、キッシュ、菓子パン、バゲットやケーキ等を堪能することができます。

  • 62 Cours de la Marne
  • 毎日24時間営業。
  • + 33 5 57 95 85 65

また、見られるように