Acheter 観光、ハイキング、シティーパス等

ボルドーにある同性愛者とLGBTQ向けのバー

ボルドーにはLGBTQ限定のエリアというものは存在しませんが、LGBTQにフレンドリーなバーやディスコ等があります。

同性愛者に人気のバー:ル・ココ・ロコ

ココ・ロコ(Coco Loko)では、ハッピーアワーや、独身の方向けのソワレ(夜会)、クイズ、DJ等のイベントだけでなく、毎週木曜日の夜に開催される日本のハンカチ落としに似たゲーム「郵便屋さんゲーム」をする出会いイベントも行っています。ポップな雰囲気のホールがある2階では、エレクトロミュージックが楽しめます。また、このバーにいるマドモアゼル・ココ(Mlle Coco)によって定期的に招待されるフランスで有名なドラァグクイーンにも会うことができます。

  • 毎日18時から深夜2時まで営業しています。入店料は無料です。
  • 3 Rue Duffour Dubergier, 33000 Bordeaux
  • facebook.com/CocoLokoBar

女性限定のバー:ル・エルエス・カフェ

エルエス・カフェ(LS Café)は、ボルドー唯一の女性限定のバーです。2007年にオープンしたこのカフェは、毎週金曜日と土曜日、祝日の前日は21時30分から深夜2時までご利用いただけます。また、毎月1日だけ営業している木曜日があり、その日は19時からハッピーアワーやカラオケを楽しむことができます。エルエス・カフェでは、快適な気分とお祭り気分を同時に味わえます。入店料は無料です。

最も早い時間から営業するバー:ル・トゥル・ダック

ル・トゥル・ダック(Le Trou Duck)は、14時から利用できるバーです。サント=カトリーヌ通り(Rue Sainte-Catherine)の騒音が聞こえにくいように、テラス席はバーの後ろにあります。このバーは皆で集まってソワレを楽しむのにおすすめの場所です。また、ル・トゥル・ダックでは、テーマに沿った様々なイベントも開催されています。

LGBTQにフレンドリーなディスコ:ウルトラ・クラブス

アンドレ・ムーニエ広場(Place André Meunier)に2017年にオープンしたウルトラ・クラブス(Ultra Klubs)では、最大500人まで収容できます。このディスコの特徴は、派手な雰囲気と大きなダンスホール、VIPエリア、舞台の上で行われるドラァグショー等が楽しめることです。テーマに沿ったイベントも定期的に行われています。入場料は1ドリンク代込みで10ユーロです。ウルトラ・クラブスは、毎週金曜日から日曜の24時から朝の7時までご利用いただけます。

非営利団体が運営するバー:BB25

寛容性と尊重性を兼ね揃えたBB25では、心地の良い音楽を聴きながら美味しいカクテルを飲むことができます。建物内の装飾も美しく、よくアーティストによる作品も壁に展示されています。この同性愛者にフレンドリーなバーでは、様々な人を暖かく歓迎してくれます。夜、ジャムセッションによるスラムやDJによるセットリストを聴きながら音楽の旅を楽しむことができます。BB25は、朝の4時まで営業しています。また、BB25を利用するには団体に会費5ユーロ支払う必要があります。

 

生演奏が楽しめるバー:セントラル・ド・ブラジル

セントラル・ド・ブラジル(Central Do Brasil)は、ガロンヌ川岸近くにあります。2004年にオープンして以降、人々がよりダンスと生演奏を堪能できるよう、美味しいカイピリーニャやモヒート、キャッサバ(イモノキ)のフリットを提供しています。セントラル・ド・ブラジルには数多くの客が押し寄せるので、人混みが苦手な方向けではありませんが、バーの雰囲気自体はとても居心地が良いので是非機会があれば行ってみてください。また、1ヶ月に1回開催されるカーヴ・ア・キングス(Cave à Kings)主催のイベント、「ドラァグ・キング」では、キング・ビリ・バード(King Bili Bird)やジョルジュ・コケット(George Cockette)に会うことができます。

様々なイベントが楽しめるバー:ジグ・ザグ・カフェ

ジグ・ザク・カフェ(Zig Zag Café)では、毎日通いたくなるようなイベントが盛りだくさん。即興劇やアコースティックライブ、映像上映、討論会、日曜日に行われるイントロクイズ、指定された言語のみ話せるアペリティフ(食前酒)等、数多くのイベントが開催されています。お店の雰囲気とここで飲めるスプリッツは格別です。また、このバーのフェイスブック(Facebook)には、「ジグ・ザグは、一人でも大人数でも、誰でも差別されずにありのままの姿で安心、安全に楽しめる場所」と書かれています。

また、見られるように